キャンディー

プロポリスの安眠効果

プロポリスを摂るようになってから、気が付くとぐっすりよく眠れるようになっていた、とおっしゃる方がいます。
はっきりとした因果関係は証明されていませんが、健康維持に良いさまざまな成分やその効果がどうやら一役買っているようです。
そこで、プロポリスと安眠について、少しご紹介させてください。

まず考えられるのが、プロポリスが持つ抗菌・抗酸化作用などが導く健康維持・改善との関係です。
当たり前ですが、安眠には心身の健康が欠かせません。
病気やけがでどこかが痛い時、熱がある時など、安眠を得るのはなかなか難しくないでしょうか。
プロポリスを継続して摂取することは、身体の状態が改善され、菌やウイルスなどには侵されにくくなり、安定した体調が結果的に安眠をもたらすことが推測できます。

また、安眠効果と関係がありそうなのがフィトンチッドという樹木由来の成分です。
フィトンチッドは樹木が持つ揮発性の物質で、これにより樹木は自身を外注や細菌から守っています。
そして、フィトンチッドが担っているのが、人間が森林浴をして心地よさを感じ、癒される効果です。
言い換えれば、フィトンチッドを含んだプロポリスの香りをかぎ、心身が癒されて精神が安定することが、安らかな眠りに繋がるらしいのです。

また、同じく含有成分のフラボノイドにはストレスを鎮める作用があり、相乗効果が期待できます。
程度の差はいろいろですが、不眠の悩みは多くの人が抱え、だるさや体の不安定さはなかなか他人には理解されにくいものです。
もちろん医療機関による正しい診断・治療が大切ですが、プロポリスの持つ力にも注目してみてはいかがでしょうか。
プロポリスと安眠の関係にはどうも幾重にも繫がりがありそうです。
安眠のためだけではなく、広く心身の健康を考えると、バランスのとれた眠りにも行きつきます。
そして、何よりも大切なのは、やはり、食事や日常生活をできるだけ乱さず、健康を維持していくことのようです。